• 福岡:092-834-5520
  • 東京:03-6459-0562

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

【ディレクター、デザイナー必見】CTR/CVRは30分で劇的にアップできます。

2017.12.12

ノウハウ

荒木 達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルティング部の荒木達成です。

写真は弊社加藤と、
弊社右腕COOの福本と
師走の始まりを 思わせる飲む前(ちゃんとしてる、記憶ある)
状況での一枚です。※飲み会でなく飲む会

 

最近やはり12月、冬ですが、体調崩してないでしょうか。
※私は四十肩と診断されて毎週病院に通っております。
はい、定期コースです。

 

8月よりコンサルティング部に希望を出し無事配属、
クライアントと日々向き合う日々を過ごした半年でしたが、
実は10数年の制作畑出身です。

 

その知見と弊社の蓄積されている結果を踏まえ、
ECzineにバナーのテクニックを暴露しております。

約2.3倍の事例も!売れるネット広告社が実践している、最強の売れるバナー広告5つのテクニック

で、テスト結果は暴露しているんですが、
今回はデザイナーさん、ディレクターさんに
お伝えしたい事が、別にございます。

結論から申しますと、、、、

「30分もあればバナーって作れるよ」
「派生版20種類とかあっても2時間あれば終わるよ」

という事です。

私も社会人の入口はデザイナーでした。

デザイナーが陥る点としては、

・かっこよくすべき
・フォントとか、超レイヤースタイル駆使してしずる感を出すべき
・黄金律とか文字づめとか超センス良くしないとゴミ

という、特に経験があればあるほどその思考に至ってしまいます。

photoshopの技術を駆使し、デザイン本を読み、
スキルを日々向上させているデザイナーさんには本当に申し訳ないですが、
以下5つの方法さえ習得していれば、
デザイナーでなくてもCVRを向上できるバナーを作成する事ができます。

1.切り抜きを丁寧にやれる
2.オブジェクト、レイヤーの概念が分かっている
3.ピクセル単位で配置を考えられる
4.境界線を引ける
5.ドロップシャドウできる

ではある媒体に出稿すると超勝っているよ、 のバナーは下記です。

通常では、

「なぜ勝てるのか」

を書きますが、
今回は そこではなく、

「このバナー本当に30分で作れんじゃん!」

という部分にフォーカスしてブログを
書きたいと思います。 

まずは商品画像を切り抜く

当たり前ですが、photoshopを立ち上げます。(1〜2分)

あ、もう立ち上げているかた、28分でバナー作成できますね。

パスから作業用パスを作成、

ペンツールを選択、商品画像をなぞります。
※アンカーポイントを少なくしようと努力する人は個人的に好きです。

切り抜きが下手な人ってデザイナーとしてアウトなので
面倒くさがらずに練習してください。

なぞった後はパスを右クリック、選択範囲にして切り抜いてください。

ここまで商品の形状にもよりますが、5分くらいでしょうか。

切り抜いてコピペ、元のレイヤーを削除するとこんな感じです。
※リサイズ前提でスマートオブジェクトにしておくのもお忘れなく。

たとえばYa○oo!に掲載する前提で進めます。

商品画像を切り抜いたらも終わったようなものです。

今回は、某Ya○oo!に出稿するよ、

という前提にしましょう。

後はもうオブジェクトを配置していくだけ。

仕様のサイズ、そして背景画像を作ります。

続いて、どうせ

「枠引いてください!」

と、Ya○oo!担当者さんに言われるので引きましょう。
ポイントで言った境界線です。

余計なお世話ですが、バナーを作成するデザイナーさんは責任持ってソースをのぞいて、

・font
・色
・リンク方法

等々は確認してくださいね。担当として。

先ほど切り抜いた商品画像を配置、ドロップシャドウをかけます。
※影をつける事で立体感を出します。
なじませつつ目立たせる、絶妙な塩梅が必要です。
※テクスチャがあればそれも配置してください。

私はどうしてもピラミッドが好きなので、個人の都合で配置します。
※メールが届いた風の封筒ではないです。
 ギザにあるあの巨大ピラミッドをドローンで上空から撮影した事を妄想して配置しています。

ここまででまた追加5分程度でしょうか。

続いて、ピラミッドに吹き出しをつけて、

「朗報が届いてます」

という文言を入れてみましょう。
宇宙からの交信でしょうか。

また、吹き出しには赤丸で①を記載します。
※③でも大丈夫です。

ここまでで5分、合計17分程度でしょうか。

半分を超えてしまいました。

相当ブランド力がある商品でない限り、
全くよくわからないので、テキストで補足します。

・商品名
・何のコンテンツ?

という部分をシンプルに。シンプルにです。

Ya○oo!さんに、誰?と聞かれるので、提供先の企業名やロゴを忘れないように。

テキストなので、3分あれば十分でしょう。

最後に、「詳細はこちら」的なボタンを配置して
導線をデザインでサポートします。

全てが揃ったので、

command+option+shift+sで書き出したら完成です。

たまに書き出しに時間かかるので、5分くらいでしょうか。

という事で、弊社の勝ちパターンのバナーは25分ですね。
これくらいで作ってます。後は考査との戦いだけです。

ちなみに、弊社田中と私は15分で作れますwww

優秀自慢とかではなく、私で言いますと、
いくつかのサイズに関しては、

photoshopの「アクション」機能

に覚えていただいているので、

・レイヤースタイル
・リサイズ

等々の対応はphotoshopさんがやってくれます。

 

いかがでしたか。

このレイアウト、丸パクリだと、加藤が訴えるので、
みなさま自身のノウハウと統計を駆使して作業を
効率化していただければと思います。

ディレクターは一番のクリエイター

ディレクターは一番のクリエイターであるべきだと私は思っています。勝手に。

この記事を読んでいただき、

「よしパクろう!テストしよう!」

と考えていただいた方、実行に移す方はとても素敵ですが、

バナーは30分で作れますが、
30分で作れるまで実績とIDEAを日々おとし落とし込めているか
​なぜこのデザインに至ったか、の背景を考える事が肝要です。

事例は検索すれば、本を読めば、成功事例なんかたくさん出てきますが、
「自分(チーム)の成功」まで落とし込むには日々のテストの蓄積が必要です。

そう言った意味では、ディレクターは一番IDEAを出し、
悩むべきクリエイターだと考えてます。

・クライアントとデザイナーの円滑油
・TODO管理力、実行力

当たり前に必要ですが、アシスタントでもできますよね?
というのが私の考えです。

名刺に「ディレクター」と記載されている方は
再度役割を考えていただきたいと思っています。
※なぜか上から

デザイナーは問題解決を行う最後のアウトプットを行う人

ふと、

「ここ5年くらいデザイナーさんにお会いしてない」

と寂しく感じております。

私は「昔はねー」というレイヤーなので言いますと、
ディレクターをやっていた時、デザイナーさんは恐怖の対象でしかなかったです。

構成案を作れば、

「お前ユーザビリティとかわかってんの?線引けばいいと思ってる??」

とか、クライアントからデザインの戻しを渡すと

「クライアントはデザイン素人なんだから全受けするってお前の意味ないじゃん」

とかガンガン言われてましたが、そんな発言するという意味でデザイナーさんにお会いしてないなと思います。

喧嘩レベルでコミュニケーションとれるデザイナーさんと最近仕事をしたいと思っています。

まとめますと

超本気でスキルアップしたい!

今の業務物足りない、という人、募集してます。

https://www.ureru.co.jp/recruit/

チャレンジしたい方、荒木の上から記事を批判したい方は是非お問い合わせください。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

コンサルティング部 シニアコンサルタント

荒木 達成(あらき たつなり)


★ネット広告で“100%確実”に売上げがアップする“最強の売れるノウハウ”無料セミナー申込み★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PAGE TOPへ